トップページ百姓オヤジのブログ

百姓オヤジのブログ

  • 山ブドウワイン

    今年も山ブドウワイン仕込みの時期となった。

     収穫量25㎏、クマより先に頂戴した。

     8リットル瓶にブドウを半分、ホワイトリカー3.6リットル

     氷砂糖500グラム。

     地下室で


     

    2012.10.03

  • 源泉の噴出口

    源泉の掃除に今回は4日間も要した。

     掃除は約6ケ月に1回、スケール(炭酸カルシュウム)を除去する。

     掃除後には、蒸気と熱水が盛えよく噴出する。

    2012.10.01

  • 源泉掃除

    源泉掃除

    2012.09.24

  • 玄武岩のアップ

    四億六千年前の玄武岩です。

     通称「青石」と云い、庭石として高価で取引されております。

     当館の石垣はこの玄武岩を使っております。

     ジックリと眺め、恐竜時代を瞑想。

    2012.09.23

  • 今朝は雨 気温15℃

    今朝は雨です、ほどなく止むでしょう。

     上高地・新穂高RWは上着が必要です

     湯宿に戻ったら源泉にドップリと肩まで・・・・

     明日は曇りから晴れてくるとの予想です。

     奥飛騨の天気はHPのボタンから入って下さい。

    2012.09.22

  • この塀はクレ板を使っております

    奥飛騨の屋根はその昔から榑(クレ)といって、楢などを板にして屋根に乗せて雨や雪から家を守っていました。

     これを「クレ葺き屋根」と云いました。

     現在では、高山陣屋の米蔵の屋根がクレ葺き屋根です。

     当館の塀はこのクレを使っております。

    2012.09.22

  • 四億六千年前の石積の塀

    当館の塀の石積に使っている岩石は、「玄武岩」といって
      
     「焼岳」を源流とした岩坪谷から産出され、通称は「青石」と

     呼ばれて高価な庭石とし知られております。

     約四億六千年前の岩石で、当館の裏庭のゴロゴロ転がっております。

      ご希望の方にはお分けいたしますが、とても重いです。

    2012.09.17

  • こんな砂防堰堤もある

    活火山「焼岳」からの土石流を止める。

     だが、巨岩巨石のみをストップし、礫や土砂は下流に排出させて、

     建設骨材として利用する。

     危険な山も、土砂などの生産地でもあると。

    2012.09.15

  • 大棚大地のゴゼンタチバナ

    山野草の宝庫、大棚台地に咲いていた。

     カメラのバッテリー不足でこの一枚のみ。残念

    2012.09.15

  • B級活火山「焼岳」南西斜面の噴煙

    初秋の焼岳南西斜面、噴煙の写真です。

     砂防学習村の拠点、大棚台地の焼岳源流へ山行。

     内務省時代の堰堤工事飯場跡(見張り所)で当時を偲ぶ。

     

    2012.09.14

PAGE TOP