トップページ百姓オヤジのブログ

百姓オヤジのブログ

  • コロナ禍・緊急事態宣言・・・・・うまやらしい

    再度の再度の緊急事態宣言が出された、これを「発令」と云うらしい。
    その昔、「空襲警報発令!」で皆んなが防空壕へ逃げ込んだそうな。
    今では防空壕の代わりに家から出ずにいつ来るか分からんワクチンを打つ順番を待つのみらしい。
    それでも「明かりがはっきりと見えてきた」云う御仁がおりなさるし、休業すれば補償金が毎日何万円ももらえる処もあるとサ。
    小さな旅館が休業してもな~ンにも補償は無いよ、羨ましいやらうまやらしいやら。
    ま、愚痴は云わずに頑張っぺ。我慢ガマンそれしかないべサ。

    2021.08.28

  • オリンピックとコロナに隠れた敗戦記念日

    今年の敗戦記念日はオリンピックとコロナの陰に隠れて誠に寂しい式典であった。
    昭和20年8月15日は 日本は大東亜戦争に負け終戦した敗戦記念日である。
     75年前小生は生誕した、一家の大黒柱長男の親父は陸軍で満州から帰国、次男は戦車部隊でシベリア抑留後帰国、三男は航空隊で帰国、四男は海軍でミッドウェー海戦で戦死二十歳。
     小生は数年前までは靖国神社へお参りに行っていたが近年はご無礼している。今年もコロナで無理であろう。
     8月15日、雨降るなか一人畑で黙祷を捧げた。

    2021.08.19

  • 奥飛騨温泉郷・連泊応援キャンペーン

    暑い~暑い~・・・・・クソ熱い!
    40℃にも達しそうな熱波、コロナ的に言う体温なら即アウト状態だ。
    コロナに罹ってもちょっとやそっとで入院はさせないゾと管(官)は云う。「公助」はせんぞと。
    そしゃどうするの?、結局は「自助」しかないんじゃない、アッそうか、そうや奥飛騨へ行こうか!
    奥飛騨温泉郷の温湯とぬる湯に入ってアフターコロナにでも備えるか。
    真夏のど真ん中、そんな時でも奥飛騨は日中はともかく朝晩は涼しいのではなく寒いくらいの山奥や。
    奥飛騨には密はおろか三密も無い、飛騨山脈の雄大な自然と豊富な温泉満載の山間僻地や里山や。
     こんな奥飛騨温泉郷で一泊ではもったいない、それで二泊すれば二泊目が6,000円割引になるというプランが期間限定で売り出されているのを知ってますか?。
      8月5日から9月11日までです。

         コロナ禍真っ只中 ご自愛くださいませ。
     



    2021.08.11

  • ツリーハウスが他ッとで完成した

    春先からの課題であったツリーハウスがやっとかめで完成した。
    高さ2メートル山ぶどう棚の上に広さやっとの一坪程の小さな小屋である。
    孫二人の秘密の基地で早速布団やまくらをせっせと運び込んでいる。
    夏休みに小屋になかで勉強でもすればいいかと思うがとてもそんな雰囲気ではない。
    小屋の周りは山ぶどうが鈴なりだ、巨峰もあるのでヤカンバチに気を付けること。

    2021.08.09

  • 乗鞍スカイライン開通しました。

    待望久しかった「乗鞍スカイライン」7月22日に開通しました。
     昨年7月の災害でストップしていた乗鞍スカイラインがやっとで開通しました、

    2021.07.23

  • 国道158号線安房峠道路が開通しました

    昨年の集中豪雨災害により通行止めになっていたR158号線安房峠道路がようやく開通しました。
     通行止めの間は長野県松本市方面から奥飛騨へは有料道路の安房トンネルのみの通行可能でこのトンネルは小型バイクや自転車の通行は出来ませんでした。
     本年7月1日の通行可能により安房峠道路の小型バイクや自転車でのツーリングが楽しめるようになりました。
     途中の安房平金剛のゴスワラには「アルプス越えの鎌倉街道」の道型がありますので立ち寄って見ては如何でしょうか。

    2021.07.04

  • 靖国神社六月拝殿掲示

    國のため民のためにとおもふこと
      夢のうちにもえこそ忘れね
           述懐  明治三十六年
            明治天皇御製

    2021.06.17

  • ササユリが咲き始めました 沙羅双樹も

    裏山のあちこちにササユリの花が咲き始めました。
    里山の女王と言われるだけあって何とも言えない素敵な香りを放っている。
     薄ピンクの花だが蕾の時には緑色のために周囲の草に埋もれて目立たなく草刈り作業の時に間違って刈り取ってしまう、半分くらいは刈ってしまうと思うがいちいち気にしていたら作業が捗らない、花の咲くのを待っていたら草丈が伸びて作業が大変。
    沙羅双樹の花も咲いた、咲いたら直ぐに落下する。沙羅双樹の花の色・・・・必衰の‥‥おごれる者久しからず

    2021.06.16

  • 奥飛騨ロマン鎌倉街道

    国道158号線安房峠道路の鎌倉街道・・・・・・
    過日の探索参加の折に先達のご好意により有難いことに現認されている街道の中の安房金剛の街道を歩くことができた。
    安房金剛は地元で云う「ゴウス原」で巨岩巨石大小の岩の集積した場所のことで「ゴスワラ」とも言いますがアカンダナ火山の噴出物だそうです。
    僅かな里伝からロマンを求めて地元研究者「岩本康隆先生」がふるさとロマン高原郷第2集に「奥飛騨の鎌倉街道考察」に特別寄稿しています。

    2021.06.15

  • アルプス越えの鎌倉街道・・・・奥飛騨ロマン

    イザッ鎌倉!!の「鎌倉街道」が越中を経て飛騨山脈奥飛騨温泉郷安房峠を経由し信州川へ続いている、そして鎌倉へと。
    これぞロマンである、多くの歴史学者の古くからの研究課題とか。
    地元研究者メンバーの方々も熱い情熱と確固たる信念をもって長らくもこの「鎌倉街道」のルート探索に日夜取り込んおりその努力には謝々である。
    その昔々、街道は山岳街道が中心だったと聞く、越中富山の有峰から山の村を越え髙原郷へ入り奥飛騨温泉郷安房峠を越えて信側へと至る。
    熊笹をかき分け街道の道型を探る、尾根を登り沢を下りザラをトラバース、ひと嶝間違えたら飛んでもないヨスケへと迷い出る。
    コロナ禍で運動不足の躰には乗鞍嶽十石の踏査は厳しかったが久しぶりに気持ちのいい汗をバッチリ流すことができた。

    2021.06.12

PAGE TOP